SDK|ポスモバ プッシュ通知と情報配信のBaaS

スマートフォン/タブレット向けO2Oアプリ開発を支援するBaaS「ポスモバ」

Top > SDK

SDK

SDKの動作環境、利用方法等は、ダウンロードに含まれております。
ダウンロードしてご確認ください。


iOS用SDK


version 4.0.0 (2016/12/13)

変更 本SDKをXcode7.3のBase SDK「iOS9.3」でビルドしました。
   iOS9以降のATSに対応しました。
※ATS設定が不要となりました。
追加 ビーコン検出関連の機能を追加しました。


Android用SDK


version 4.1.0 (2018/6/5)

変更 GCMの利用が非推奨となり2019年4月に廃止されるためSDKをFCM(Firebase Cloud Messaging)に移行しました。
    参考:Google Cloud Messaging
   Android8.0のバックグラウンド実行制限に対応しました。
   ※SDKのFCMへの移行に伴い対応OSバージョンがAndroid4.0以降になります。
   ※SDK v4.0.0以前をご利用の方向けにマニュアルにSDK v4.1.0への移行方法を追加しました。


旧バージョン

iOS用SDK

  • version 3.3.1 (2016/3/15)
     変更 本SDKをXcode7.2のBase SDK「iOS9.2」でビルドしました。
        Xcode7.2で「Enable Bitcode」を「YES」でビルドしたときにエラーが発生する不具合に対応しました。
  • version 3.3.0 (2015/11/27)
     変更 本SDKをXcode7のBase SDK「iOS9」でビルドしました。
     ※(2015/12/14)マニュアルに記載のATS設定例を変更しました。
  • version 3.2.0 (2015/3/9)
     追加 ポスモバが発行するクライアントアプリID(端末個別の識別ID)取得機能を追加
     ※Xcode7でご利用の際には「Build Settings」の「Enable Bitcode」を「NO」に設定してください。
  • version 3.1.2 (2015/1/26)
     変更 パフォーマンスを改善
  • version 3.1.1 (2015/1/14)
     変更 コンテンツ配信の内部処理を改善
  • version 3.1.0 (2014/12/8)
     修正 再取得有効のコンテンツを取得後に削除した場合に発生する不具合を修正
  • version 3.0.0 (2014/10/3)
     変更 推奨開発環境をXCode6に更新
  • version 2.1.0 (2014/9/29)
  • version 2.0.0 (2014/5/9)
     追加 セグメント配信機能、ビーコン連携機能を追加
  • version 1.1.0 (2014/3/27)
     追加 位置連動配信機能を追加
  • version 1.0.0 (2014/3/12)

Android用SDK

  • version 4.0.0 (2016/10/28)
     変更 SDKをAndroidStudio用ライブラリへ変更。
     追加 FCM(Firebase Cloud Messaging)に対応。
  • version 3.2.0 (2015/3/9)
     追加 ポスモバが発行するクライアントアプリID(端末個別の識別ID)取得機能を追加
  • version 3.1.0 (2014/12/8)
  • version 3.0.0 (2014/9/29)
  • version 2.0.1 (2014/5/22)
  • version 2.0.0 (2014/5/7)
     追加 セグメント配信機能、ビーコン連携機能を追加
  • version 1.0.0 (2014/3/12)

↑Page Top